世界遺産を巡る

2016年5月 4日 (水)

平泉♡

GW、ずっと行きたいと思っていた 平泉 へ はやぶさbullettrain
岐阜からじゃ遠くって機会がなかった
東京にいるうちにとこのGW中に計画してdash

一番の目的は、中尊寺1_2
境内はとても広いです
ゆっくり時間をかけて、1つ1つすべて鑑賞(≧m≦)
気が付けば、3時間も滞在してました(ツアーじゃぁ 80分の見学時間、とっても足りませんねぇcoldsweats01
Chusonji_map
本堂では、八重の桜がお出迎えしてくれました
御本尊は大きな釈迦如来様、パワーをいただいてきました
Chusonji1
金色堂はやはり人が多かったぁ。。。。
中はcameraNGなので、なしですが、、、
1124年に造立され現存
堂全体が金箔で覆われ、螺鈿細工や漆工芸、彫金が施され、千年も昔にこれだけの技術があったのかと、びっくりぽんです

藤原家3代のご遺体と4代目の首級が納められている・・・日本のピラミッド
Konjikido
讃衡蔵(さんこうぞう)では、3千点を超える国宝・重要文化財が収蔵され、展示されています
棺や、中に納められていたものも。。。。

こちらは経蔵
いろはもみじの緑がきれい
Chusonji2

Photo
平泉町内をぐるっと巡回するバス「るんるん」で、次に向かったのは、高館義経堂(たかだちぎけいどう)
義経の終焉の地
幼名牛若丸(うしわかまる
壇ノ浦の戦いで、平氏を滅ぼし、最大の功労者であったが、兄の頼朝に追われ、この地で妻子とともに自害した

もの悲しく、はかないですね

それから約200年後にこの地を訪れた松尾芭蕉が詠んだ句が
 夏草や 兵共が 夢の跡



高館からの眺望
 北上川と束稲山

見晴しはいいけど、寂しい。。。。。。。

Photo_2
平泉のもう1つのお寺、毛越寺
臨池伽藍跡と浄土庭園
朝が早かったので、人が少なくてラッキ~でした

Moutsuji1

遣水
山水を池に取り入れる水路の遺構があります
Motsuji2
広大な敷地です 創建時の伽藍は焼失しており、残念
Motsuji4
Motsuji3

お泊りは世界遺産の地内にあるホテル武蔵坊さんにて
spaでお肌すべすべ、前沢牛のお鍋をはじめとするお料理はとてもgoodおいしかったぁ
朝のバイキングもよかったし、満足・満足
Photo_4

平泉駅前では5月1日~5日藤原祭りということもあり、力餅がふるまわれていて、納豆とあんこ、いただいちゃいましたヽ(´▽`)/
Tikaramochi_2

Photo_3

GW、お祭りといえど、人口8,000人の平泉、いつもより人は多いとはいうものの、しれてるって。
東京の雑多を離れ、リフレッシュo(*^▽^*)o

| | コメント (6)

2016年1月 2日 (土)

初詣♡

2016年元旦、sunに恵まれて、幸先良しsign03

今年は、世界文化遺産に登録されている、下鴨神社と上賀茂神社へ初詣に行って参りましたo(*^▽^*)o
京都三大祭りの一つ 葵祭(賀茂祭)は、この下鴨神社と上賀茂神社の両社で催されるお祭りです。

学生時代を過ごした京都、出町柳駅に降り立つと・・・懐かし。。。。。
この近くにおりました。

下鴨神社:正式名称「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」
Photo
まだ時間が早いので、そこそこの人でした。

Photo_2
入口近くにある鴨長明ゆかりの河合神社では、手鏡の形をした絵馬があり、メイクして願いを託すものあり・・・(*´ェ`*)やらなかったけど。

Photo_5
下鴨神社前からバスに乗り、いざ上賀茂神社へ。。。。。
最後の1区間は大渋滞で30分程、バスの中で休憩しちゃいました(笑)

上賀茂神社:正式名称  賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)
Photo_6

Photo_7
Photo_8
Photo_9
元旦より5日まで、普段は入れない、国宝の本殿前で参拝できるということで、本殿前で
厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除(やくよけ)明神様に m(_ _)m

門前前で、名物のやきもちもGet
Photo_10
これで今年1年、元気で過ごせること、間違いなしよ(*^.^*)

| | コメント (9)

2014年9月 1日 (月)

いにしえの奈良を歩く♡

奈良へ、行く機会をいただきました(o^-^o)

平城京遷都の710年から京都へ移される784年まで、都があったところ

古い、歴史的価値のあるお寺がたくさ~んshine

1日目のお仕事を終えて、奈良駅近くのホテルにチェックイン、食事を終えて、真っ暗になっちゃったけど、折角の機会だから、、、、、、まだライトアップされているかもしれないsign02
土日は10:00頃までライトアップされているらしいのだが、Weekdayはそれよりも早く OFFされてしまうとのこと、賭けてshoeしてみました( ^ω^ )

(v^ー゜)ヤッタネ!! まだライトアップされていたわhappy01

世界遺産 興福寺

阿修羅像を拝むことはできないけど、国宝の五重の塔を間近に見てo(*^▽^*)o
Photo_2
いにしえの時代を思いながらshoe

猿沢の池と、、、、

  ちょっとブレてるけど。
  小学校の修学旅行で、この近くの旅館に泊まったなぁ。。。。
  もう何十年も前のことだわ ( ´艸`)プププ
 

Photo_4

次の日、お仕事を終えてお客様と、日本で初めて世界文化遺産に登録された法隆寺に。
Photo
Photo_5
うだるような蒸し暑さsweat01 
Photo_6

世界最古の木造建築物である法隆寺金堂、その金堂の中央に釈迦三尊像が、、、金堂内を外から覗いて拝むけれど、暗い・遠いで、残念だけどよく見えないわsweat01

夢殿・・・開扉でないので、ご本尊様は拝めず
Photo_8
八頭身のすっごくうらやましい、すらりとしたモデル体型の百済観音様や玉虫逗子をしっかり見て、唐招提寺に猛dash 閉まる前に。。。。。
Photo_2
Photo_7

金堂の中央に本尊・盧舎那仏坐像、右に薬師如来立像、左に千手観音立像、いずれも国宝の仏像を、目の当りに、、、すごい迫力でした。

そして、鑑真和尚様・・・国宝の和尚様は1年の内の数日しか開扉されないため、身代わりの鑑真和尚様だけど、、、
拝観ギリギリ時間で閉められる寸前に拝むことができてヽ(*≧ε≦*)φ

束の間だけど、リフレッシュする機会をもらって、感謝・感謝でした。

| | コメント (12)

2013年7月14日 (日)

日光東照宮♡

Photo_2東京に引っ越して3ケ月ちょっとが経ちましたnotes

3連休の初日、ちょっと足を伸ばして 日光東照宮へdash
世界遺産めぐりをして来ました(o^-^o)

(父が亡くなる前に、日光に行こうって言っていたので、東京に来てから、行こうと思っていました)

train東武日光線・・・特急スペーシア初体験

浅草駅より2時間ほどで東武日光駅に到着。

駅からバスに乗って・・・・

Photo_3

東京は暑い日が続いて歩いて楽しむってわけにはいかないけど、ここ日光は10℃ほど温度が低くて歩くのも楽ちん!
Photo_4

かの有名な 見ざる・聞かざる・言わざるです。

Photo_5
そして 国宝の陽明門

 中学校の修学旅行でここで記念写真を撮ったんだぁ。。。
 

  〇〇年も前のこと、雨の中傘をはずして写真を撮った くらいしか覚えていない
 (@Д@;

 
 今年から大修理が始まるとのこと、見られてよかったo(*^▽^*)o 

Photo_6

Photo_8
唐門・・・こちらは大修理を終えて、彩鮮やか。

Photo_9
眠り猫を見て

Photo_10
200段の階段を休み休み(;´Д`A ```登って

Photo_12
家康公が眠る地 廟所 に到着(^-^;

Photo_13
そして五重の塔、塔を貫く心柱は礎石には据えられず、四重から吊り下げられて浮いており、江戸時代に考え出された工法で、免震機能を果たすとも考えられ、東京スカイツリーの制震システムにも応用されたという。

Photo_16 P1050355

現在、特別公開中・・・心柱が浮いている↑の部分が見られます。

Photo_17

輪王寺三仏堂は約50年ぶりの大修理(平成19~30年度・予定)が始まり、仮囲いで覆われて、ノー写真(ノ_-。)。

大猷院 徳川三代将軍「家光公」の廟所

家光の「祖父、家康公を祀る東照宮をしのいではならぬ」という通り、東照宮より控えめでありました。

Photo_19

Photo_20
そして二荒山神社

 健康のために鈴を鳴らして、大黒天の小槌をふって・・・・欲張りました(笑)

最後に、円石

 人の心を丸く 角たてず おだやかに 生きれば 自然に 人は幸せになれます
Photo_21
そ~ありたいと、心に留め置いて、実行・実行 ・・・ できるかしら!!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

そうだ 京都、行こう Part3❤

Photo

今回の京都旅 最終章 note

天龍寺: 後醍醐天皇の菩薩を弔うために、足利尊氏が創建したお寺

大方丈は改修工事のため、参拝休止中。。。。。なので曹源池庭園を参拝券¥500で!
夢窓国師作庭園で、約700年前当時の面影をとどめており国の史跡・特別名勝第1号に指定、1994年 世界文化遺産に登録されている。

左手の山は嵐山、紅葉の季節は真っ赤になる。。。素敵だろうなぁ。
雪景色もよさそう。

これぞ日本庭園sign03

Photo_3 
Photo_4

Photo_2
Photo_5

このあと、渡月橋へ。。。

Photo_7

渡月橋から嵐山を眺めて、嵯峨野散策終了、このあと嵐山商店街を抜けて、JR嵯峨嵐山駅へ向かったのでしたhappy01

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

番外編

ランチ 京らしく~ 湯豆腐でも なんて。。。。思いながら、、、

ぶらぶら、でも格式あるお店は敷居が高いというか、、、、なかなか入り難し(*^.^*)

お正月ということもあって、お値打ちなお店には行列ができていて、、、、

pcで前日に見ていたお店の何軒かの1つ  鯛匠 HANANA、入ってみれば落ち着いた雰囲気で、それほど待たなくてゆっくりいただけそうだったので、ここで

2013年を めで鯛 でスタートするぅ ❤ ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

本日は鯛茶漬御膳のみ ということで、これに決まり! 

Photo_6
まずは特製胡麻だれでお刺身を食べ、次に温かいご飯にのせて食べ、お茶漬けにしてさらさらと食べる。

おひつのごはんは、おかわり自由よぉscissors

嵯峨野散策した後で、お腹が減っていたぁ。。。。

しっかりおかわりしちゃいましたo(*^▽^*)o

Photo_8
〆は甘味、芋ようかん、栗、そして黒豆と黒豆茶

Photo_9
京都の中でも嵯峨野はいちおしの所、こんなところに一度は住んでみたいとちょっぴり。

でも、お庭とか維持するの大変だろうなぁ。。。。。

人力車も大忙し~~~ 風情ありますね。

Photo_11

散策中にカフェらしき?、、、、お庭にキュートなお人形が、、、、釘付けになっちゃいました(・∀・)イイ!

こんなお庭があったらいいねぇwink

Photo_10              
                                        - End -

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

そうだ 京都、行こう Part2❤

そうだ 京都、行こう Part 2 二尊院・祇王寺編

Photo_22番目のお寺は 二尊院 

JR東海 『そうだ 京都、行こう』で、毎日tvで流されたCM、素晴らしかったですね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 
誰もが行きたくなっちゃう。。。。

mapleの趣はすっかりないですけどsweat01 
ゆっくり静かに味わう。。。の巻です。

総門をくぐりPhoto_3

〈紅葉の馬場〉を通り、、、あたり前だけど、両サイドにあるmapleはすっかり葉を落とし。。。。。

Photo_5

こちら、2012年 晩秋 キャンペーンに登場したポスターの1枚 の所へ 

Photo
同じ場所なんだけど、、、、、(;´▽`A``

やっぱりmapleの季節に来たいなぁ。。。。寂しいです。

Photo_4

そして本堂へ

本尊に釈迦如来と阿弥陀如来の二尊が祀られているため、二尊院と呼ばれる由縁。

釈迦如来:人が誕生し人生の岐路に出発するときに送りだしてくださる「発遣の釈迦」

阿弥陀如来:寿命をまっとうしたときに極楽浄土よりお迎えくださる「来迎の弥陀」 

リーフレットで由来を学び、ご本尊様を拝んで後にしました。

Photo_6

Photo_7

3番目のお寺は これまた、 JR東海 『そうだ 京都、行こう』 2010年初夏に登場した 祇王寺 尼寺です。

京都で過ごした学生時代に訪れたことのあるお寺の1つで、○○年ぶり~ ここの丸い吉野窓に憧れて。。。

平家物語 『祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす。おごれる人も久しからず、唯春の夢の如し・・・』平清盛と2人の女性の哀れな物語。

仏壇にはご本尊の大日如来とともに、清盛公と祇王、祇女の木造が安置されている。

学生時代にはそんなことつゆ知らず。。。。。(^-^;

雪が散らついて、底冷えのする寒さ、それでも苔の緑が光に輝いて、きれい。

P1030808

Photo_8
Photo_11

Photo_14

Photo_12
寒ぼたん ✿が開くのももうすぐのよう。

Photo_16

                        Part 3へ続くnotes

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

そうだ 京都、行こう Part1❤

2013年の旅は、京都から始まりぃ~ o(*^▽^*)o

そうだ、京都 行こう Part1 野宮神社・常寂光寺編

JRtrain東海道線、嵯峨野線を乗り継いで嵯峨嵐山へdash

最初はやはり神社からでしょup 野宮神社へ

Photo

Photo_2

その昔、天皇の代理で伊勢神宮に仕える斎王が、伊勢へ向かう前に身を清めるために籠ったとされる神社で、境内の黒木鳥居と小柴垣は源氏物語にも登場しているnote

金粉の入った御神酒をいただいて、神石(亀石)をなでなで、願いごとをhappy01happy01happy01
『祈りを込めてなでると願いごとがかないます』
これできっと願いが叶うわね(*≧m≦*)

(朝早かったので、人が少なくてよかった!
この写真はお寺を回った帰り道に写したもので、お詣りする人の列がこんなにもできていた)

竹林を散策shoe まだ人は ま・ば・ら

空気は冷たく、寒いです。。。。

でも、ゆっくり散策できます。

Photo_3

Photo_5
Pannhu_3
1番目のお寺、常寂光寺

まずは記念撮影をして(*´v゚*)ゞ

mapleの季節は人が多くて記念撮影もできないわね( ^ω^ )

風 冷たいですcoldsweats01

Photo_6

仁王門: 仁王像は運慶の作と伝えられている

Nioumonn
Photo_7

多宝塔 1620年8月建立 〈重要文化財〉

Photo_8
Photo_9

この時間はまだ観光客も少なくて、ゆっくり鑑賞できたわ(*^.^*)

                        Part 2へ続くnotes

| | コメント (8) | トラックバック (0)