ゆきおとこ

2016年8月21日 (日)

ゆきおとこだより♪

残暑お見舞い、届きましたsign03 ゆきおとこさんから。

素敵な山景色とともに。

夏休みを利用して「裏銀座コース」と呼ばれる登山道に行かれたそうです。

雲海に浮かぶ鏡平(岐阜県) 
写真左下の小屋は鏡平山荘

001_2

裏銀座登山道(岐阜、長野の県境辺り)
平均標高2700m程の快適な稜線歩き

002

鷲羽岳(2924m)と三俣山荘
岐阜、富山、長野の県境が交わるところで、北アルプスの最奥部
003_3

皆様 まだまだ残暑が続きます。
typhoonも近づいています。
どうぞご自愛を。

| | コメント (6)

2014年6月15日 (日)

梅雨の晴れ間☂とゆきおとこ便り

6月に入って、梅雨の間のsun、歩道脇に植えられているあじさいも一気に見ごろを迎えていました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

都心ではありますが、緑、多い方かも。

鮮やかなブル~です。
Dsc_0235
Dsc_0239

Dsc_0240

Dsc_0236

あじさい ってrainが似合うねぇ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ゆきおとこ便り

緊急対応で、お休み返上してばたばた忙しくしている間に、久々ゆきおとこさんから便りが届いておりました。

         
                        
            

相変わらず山登り、楽しんでいるようで(*^。^*)

涸沢からの景色、雪が多く残っているこの時期もいいものですので、ご覧くださいませとのことで、ブログアップしております。

Imga0001涸沢のテント場から見た北穂高方面です。
中央の山小屋は涸沢小屋です。

Imga0002

右側の山並みは奥穂高、左側のピークは前穂高
Imga0003_2

 

この辺りの大雪渓は7月まで充分にスキーができます。

Imga0004吊尾根と前穂高    この山並みの向こう側に上高地があります。

Imga0005涸沢岳です。

Imga0006_2

涸沢ヒュッテとテント場

Imga0007

カラフルなテントが雪原に鮮やかに映えてます。

Imga0008   

常念方面です。

      

       

以上、ゆきおとこ便りでした。

    

| | コメント (10)

2013年8月25日 (日)

ゆきおとこの夏休み♪

大好きな山を堪能されていたようであります。。。mailto 

こんにちは、ゆきおとこでございます。

残暑お見舞い申し上げます。

蝶ヶ岳(長野県、標高2677m)へ登山してきました。

清々しい蝶ヶ岳からの景色をご覧ください。

夜明け前の安曇野市街の夜景です。
昨夜のふもとの花火大会は、山頂からは濃霧のため、観ることができませんでした。
でも深夜、ガスが晴れて、しし座流星群の流れ星をみることができました。

1

ご来光です。

2

穂高連峰のモルゲンロート

山肌が赤く染まるのは、ほんの数分だけです。

3

すこし朝日が昇った時の穂高連峰です。
蝶ヶ岳の山影が穂高の山肌に写っています。

4

誰もが、絶景を目の前にして、たたずんでいます。
5

 

写真を撮っているのは、山頂で偶然会ったshadow  お互いビックリ!!!

6


蝶ヶ岳ヒュッテと、常念山脈です。
7

御岳、乗鞍もくっきり見えます。
8

おまけ

下界の蒸し暑さを忘れさせる絶景を背景に ハイ!ポーズ!

9_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

乗鞍スカイライン♡

~~~ 乗鞍スカイライン 雲海の上からのご来光!~~~

                                                                photo by  ゆきおとこ

01

02
03

04

05

関東甲信は梅雨が明けた模様 sign01

・・・東京は、蒸し暑くなった。 

乗鞍スカイライン、今頃は涼しくて、高山植物がたくさん咲いて、きれいなんだろうなぁ。。。。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

奥飛騨温泉郷、福地温泉♪

転勤にともなう東京移住でばたばたしている間に、ゆきおとこさんから今冬の活動報告が届いておりましたcoldsweats01

shineゆきおとこレポートshine

今シーズンも活発に冬山へ行っていましたが、天気に恵まれず・・・

久しぶりの便りになってしまいました。

岐阜県奥飛騨地方の雪景色と福地山(奥飛騨温泉郷、福地温泉)からの絶景をご覧ください。

まずは奥飛騨温泉郷の玄関口である平湯峠付近から、霧氷の雪景色でございます。

011

021

031

041

福地山登山口です。

奥飛騨温泉郷、福地温泉にあります。

山頂から、北アルプスの絶景が望める山として地元では有名です。

051

登山の真っ最中です。

今朝のきれいな霧氷はとけてしまい、足元の雪が重くて、なかなか進みません。

標高があがるにつれて、日差しがどんどん強くなっていきます。

061

ようやく福地山の山頂に着きました。

あまりの雪の深さで、山頂の標識が埋もれています。

071

山頂から、北アルプス方面の絶景です。

写真中央より、やや右側のピークは焼岳です。

左側の山並みは穂高連峰です。

081

穂高連峰をズームイン。

いちばん高いピークは奥穂高岳。

091

さらに山頂からの景色です。凍った滝が見えます。

111

結氷した滝をズームイン 山頂からしか、見ることのできない滝です。

下山後は温泉を楽しみました。

福地温泉、石動の湯(いするぎのゆ)です。

明治初期の建造物だそうです。一見すると、温泉施設には見えません。

131

露天風呂です。ちなみに500円。

141

温泉後に五平もちとお茶を出してくれます。

囲炉裏を囲んで、登山の話で盛り上がってしまいました。

151

せっかく奥飛騨温泉郷に来ているので、温泉のはしごをすることに。

車で5分程移動して、栃尾温泉 「荒神の湯」へ。

寸志200円。あまりにも開放的な露天風呂です。

ここも、源泉かけ流し。

161

さいごに、ウマウマの写真を。

宿泊した民宿「川瀬」の夕食と朝食です。

自家製の豆腐、地産の野菜、川魚料理、・・・

メインの飛騨牛も美味しかったです。

171

181

以上、ゆきおとこ便りでございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

ゆきおとこ便り 上高地&涸沢編♪

ゆきおとこ便りでございます。

先週末、上高地~涸沢へ行かれた模様。
今季はお天気に恵まれないゆきおとこのようでしたが、久々に好天に恵まれ、絶好調であったようです。
それでは 山岳景色ベストショット by ゆきおとこ を見てやってくださいませ。

涸沢周辺です。
紅葉のピークから2週間程過ぎていますが、まだ、ところどころに紅葉が残っています。
秋の深い青空を背景に、穂高の山並みを眺めることができて最高です。

011
021

031
041

051

上高地の河童橋からのおなじみの風景です。
上高地周辺は紅葉の最盛期です。

061_2

岐路、立ち寄った温泉 平湯温泉郷(岐阜県)にある「神の湯」です。
紅葉のこもれびのもと、露天風呂は最高です。

071

以上、ゆきおとこレポートでした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

ゆきおとこ便り 立山編❤

ゆこおとこ便りでございます。

大好きな山に行ってはいるものの、今年は天気に恵まれない週末が多いようで 
(´;ω;`)ウウ ・・・ 久々のmailtoになったようでございます。

先日の3連休、立山(富山県)へ行ってまいりました。

弥陀ヶ原高原は、立山駅からケーブルカーに乗って美女平に行き、高原バスに乗り換えて室堂へ行く途中にある高原です。

大日連山を背景に「錦のじゅうたん」のような紅葉が広がっております。

1
2

3

4_2

5
紅葉を楽しめたのも、午前中だけsweat01

午後から濃霧になって視界不良にι(´Д`υ)アセアセ

めげずに、また次週fujidash してきま~す。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

上高地~涸沢♪

ゆきおとこmailto shine上高地~涸沢shine

 こんばんは、ゆきおとこでございます。

 上高地からへ行ってまいりました。

 河童橋から眺める穂高連峰のウラ側に涸沢があります。

上高地からのお馴染の山岳景色は、割愛させていただき、残雪と新緑の美しい涸沢の景色をごらんください。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

上高地バスターミナルから2時間ちょっとかけて、横尾山荘に到着。

上高地から続く登山道は、ここで涸沢方面、槍ヶ岳方面、蝶ヶ岳方面へ分岐されます。

登山道の「大交差点」だけあって、多くの登山者が、ここで休憩しています。

ゆきおとこは写真中央の橋(横尾大橋)を渡って、涸沢へ向います。

Imga0001

本谷橋から、沢の上流方面の写真です。

涸沢はさらに、その奥にあります。

中央のピークは北穂高です。

Imga0002

同じく本谷橋から、下流方面の写真です。

中央遠方のピークは蝶ヶ岳です。

Imga0003

蝶ヶ岳のあたりをズームイン。

その名の通り、蝶がはねを広げたような、美しい山容です。

Imga0004

ようやく涸沢ヒュッテに到着。

上高地から、片道約6.5時間、約17キロ。

天気にも恵まれ、ヒュッテのテラスからの眺望は素晴らしいです。

Imga0005

Imga0006

同じく、涸沢ヒュッテのテラスからの写真です。

中央のピークは北穂高、左のピークは涸沢岳。

中央よりやや下にみえる小屋は「涸沢小屋」。

次回は、「天下一」といわれる涸沢の紅葉を見に行きたいです。

Imga0007

同じくヒュッテのテラスからの写真。

常念山脈がきれいにみえます。

Imga0008

涸沢ヒュッテには宿泊せず、下山して、「徳澤園」に泊まりました。

井上靖の小説「氷壁」の舞台になったところです。

Imga0009

夕食です(≧∇≦)。

山小屋と旅館の中間ぐらい・・・といった感じの宿です。

相部屋、消灯9時ですが、設備面はホテルなみです。

Imga0010

以上、ゆきおとこレポートでした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

ゆきおとこのGW❤

ゆきおとこのGW レポートでございます。

一足早く、休暇を取って 世界遺産「屋久島」を満喫されたようでございます
 o(*^▽^*)o

 

shine34日の大まかなスケジュールshine

 

1日目:往路移動日(夕方に民宿着)

 

2日目:白谷雲水峡、太鼓岩へトレッキング

 

3日目:縄文杉へ登山

 

4日目:復路移動日

 

 

♪ 屋久島での2日目 太鼓岩、白谷雲水峡でトレッキング ♪

 

まずは、屋久島で最も眺望の良い場所とされる太鼓岩からの絶景をご覧ください。

亜熱帯から亜寒帯の植生がひろがるジャングルです。

中央にみえるピークが宮之浦岳(みやのうらだけ)1936mです。

屋久島最高峰でありますが、九州地方最高峰の山でもあります。

沖合に浮かぶ島に、こんな急峻な山並みがあるなんて、ビックリです。

まさに「洋上のアルプス」です。

01

 

白谷雲水峡は屋久杉等の原生林が生い茂る森です。

この森の中にある「苔むす森」と呼ばれる場所の写真、アニメ「もののけ姫」のモチーフになった場所だそうです。

幻想的な緑色に輝いて、神秘的です。

ここ数日の好天で、苔がちょっと乾いているのと、木漏れ日が強過ぎて・・・、

うっそうとした雰囲気がちょっと足りないかも・・・。

この場所を訪れるのは曇った日がベストだそうです。

02
屋久島滞在3日目は縄文杉のある場所まで行く登山です。
写真 downwardright は道中のトロッコ道です。
このトロッコ軌道跡は大正時代に屋久杉を搬出するために敷設されたものです。
今では縄文杉登山ルートの一部になっていますが、たまにトロッコが走ることがあるそうです。

3時半にレンタカーで民宿出発→4時に登山バス乗場着→4時半登山バス出発→5時過ぎ登山口着→トロッコ道、登山道を経て縄文杉に11時ごろ到着、昼食休憩→15時半に登山口に戻るの登山計画でした。

往復歩行距離約22キロ、歩行時間は休憩を含めて約10時間。

登山に慣れているゆきおとこでもきつかったヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

03

縄文杉でございます。

最大、最古の屋久杉で樹齢2000年~7000年だそうです。

周辺には保護柵があって、近寄ることはできません。

04

縄文杉はあまりにも大きいので、ちょっと離れた場所から撮ったものです。

広角レンズでも全容がおさまりませんでした。

写真では比較の対象がないため、大きさがわかりにくいですが、この大きさと貫録は感動ものです。

05

メインは縄文杉でしたが、登山道中には「翁杉」、「ウィルソン株」、「夫婦杉」、等見どころがいっぱいです。その中のひとつ「大王杉」の写真です。

06

07_4

縄文杉を鑑賞した後は、デッキで昼食を。

弁当屋さんが朝3時に民宿まで配達してもらった「登山弁当」を持ってきました。

配達料込で600円です。

こんなシステムがあるのも屋久島ならでは!と思います。

 

弁当を食べていると、背後にシカが・・・。

カメラを向けても逃げません。

「屋久鹿」です。

登山者にエサを与えられていたんでしょうか、かなり人間慣れしています。

かわいさのあまり、つい・・・と思ってしまいましたが、エサは与えませんでした。

08

屋久島での夕食を。今回の旅では素泊まり部屋しか予約ができなかったので、すべて外食でした。

海の幸はトビウオ、サバの料理。

山の幸は、山芋、山菜。

お米、野菜、お茶、すべて地産のものです。

屋久島のお水は超軟水、すべての料理が美味しく感じられます。

09 10

今度は屋久島最高峰の宮之浦岳に登ってみたい!

 

以上、ゆきおとこの屋久島レポートでした o(*^▽^*)o

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

穂高連峰の雪景色❤

久々のゆきおとこ便りmail  新穂高編note

ゆきおとこでございます。
山に行っていなかったわけではございませぬ。
納得のいくcameraがなかったわけでcoldsweats01

先日の日曜日に、新穂高ロープウェイ山頂駅から登山を楽しんできました。

澄みきった晴天のもと、きれいな樹氷と雪山景色をご覧くださいませ(v^ー゜)ネ!!。

まずは1枚目:新穂高ロープウェイ(岐阜県高山市奥飛騨)の山頂駅(標高2156m)からの写真です。

ここから、雪山装備をして登山していきます。

雪の回廊と樹氷の中を登っていきます。

登山計画は、ロープウェイ山頂駅→西穂山荘(2385m)→独標(2701m) の予定。

011

道中の樹氷と雪山景色をご覧ください。

気温マイナス5度、快晴無風です。

日差しが強く、氷点下とは思えない暖かさです。

021_2

051
031_2

041

西穂山荘 ここで昼食休憩です。
遠くに焼岳、乗鞍岳が見えます。

061

西穂山荘からは、稜線を登ります。

笠ヶ岳がよく見えます。

その名の通り、笠のカタチに見えます。

071

遠くに見えるピークは奥穂高です。

独標はもっと手前です。

登るにつれて、雪面がアイスバーンになって荒れてきました。

アイゼン、ピッケルが雪面にささりません(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

ヤバイと思いました。

独標まで行くことはあきらめて下山することにしました。

081
最後、奥穂高と雪ダルマ。

091

ちょっと怖い思いをしたけど、天気に恵まれて、樹氷と雪山を堪能できて大満足でしたhappy01

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)