« 復興に向けて | トップページ | 救出にバンザイ »

2011年3月20日 (日)

Fukushima 50にエール

★゜・。。・゜゜・。。・゜Fukushima 50にエール☆゜・。。・゜゜・。。・゜

福島第一原子力発電所の事故後、避難が続く中、原子炉の制御と火災の危険および被害の拡大を防ぐために発電所内に残ることを勝手出られた Fukushima 50 と、東京消防庁ハイパーレスキュー隊、自衛隊の方々には、ただただ頭が下がります。

放射能による汚染を受けている場所での活動、将来健康に悪影響を及ぼすリスクが高いと考えられる中でのお仕事遂行 ・・・ そしてそれを見守る家族の方々の思い、とても複雑です。

一刻も早く、原子炉が落ち着きますように。

shine今日、開花した1輪目のピンクと白のアネモネshine 

Photo

Photo_2

|

« 復興に向けて | トップページ | 救出にバンザイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

原発の不安の中、一生懸命活動されてる方々には

本当に頭が下がる思いですね。

そして、こんなに綺麗な花が一日でも早く

被災地が復活して咲くことを願います。

投稿: きなこもち | 2011年3月20日 (日) 22時13分

ほんとうに~

原発に命をかけて処理にあたっている方々には、、、
感謝、感動、です。
それぞれに家族があって、みんなが心配していて、
はやく、日常に戻れること祈るだけですよね。

春のお花は、希望を与えてくれますよね。うちのアネモネもピンクと白が咲いています。
同じだね。

投稿: 野花 | 2011年3月20日 (日) 23時37分

昨日のコメント名前入れるの忘れました・・・ごめんなさい
しかし現場の仕事厳しそうですね・・・行くだけでも大変なのに。今栃木は福島の人達が車を乗り捨て新幹線で各地方に逃げているそうです。
取り残されている栃木県って(@_@;)・・・何やってもこうなんだよなぁ・・・栃木県って・・・

投稿: AIR | 2011年3月21日 (月) 00時26分

 お花達、癒されますね!
こちらでも、計画停電やら電車・バス間引き運転など
気分も落ち込みますが…それでも、明日は必ずやって
来るので…未来に向けて頑張るしかありません。
余震やらいつ来るか分からない関東大震災の恐怖に
怯えていては、生活出来ないですからね。

 被災地のTV見ているとなんとも言えない気持ちになります。晴れた空や植物達見ていると、そんな事が起こったなど思えない程自然界は、元気です。


 命がけで、被災地の復旧に努めている方々に本当に
感謝です。

投稿: いんち | 2011年3月21日 (月) 09時28分

きなこもち様
日本中のみんなが願ってる、1日も早い復興を。
自分にできること、ちっちゃなことでも力を合わせれば大きくなる・・・
小さなことでも癒されることがあります。

野花様
元気を取り戻してo(*^▽^*)o
野花ちゃんの育ててるお花で癒される人もいますよ。

AIR様
いつもコメントありがとうございます。
車の乗り捨て・・ニュースで見ました。
生活に支障をきたしてるって。
いくら福島の原発から逃れるためといえど、人に迷惑
をかけるのはどうかと思います。

いんち様
計画停電の影響、しばらくは大変でしょうが、原発で
がんばっておられる方々のためにもがんばりましょう。

投稿: ひろりん | 2011年3月21日 (月) 16時33分

ひろりんさん
アネモネ 綺麗に咲きましたね

放射能で野菜 牛乳が出荷停止とは
がっくりですね

早く解決してほしいですね

コメント有りがというございます
ぽちっと

投稿: ryuji_s1 | 2011年3月21日 (月) 21時27分

インタビュー時の隊長の涙が任務遂行の
プレッシャーや困難を物語っていましたね。
TV見ながら,また涙でした。
お花を見ると癒されますねconfident

投稿: さくら | 2011年3月21日 (月) 22時43分

ryui様
どこまで被害が広がるのか心配です。
1日も早い解決を・・・
日本中が望んでいます。

さくら様
とても勇気のいることですよね。
重苦しいニュースばかりでsweat02
お花を見てると本当に癒されます。

投稿: ひろりん | 2011年3月22日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507908/51168596

この記事へのトラックバック一覧です: Fukushima 50にエール:

« 復興に向けて | トップページ | 救出にバンザイ »