« 栂池高原スキー場 | トップページ | トルコキキョウ&グラジオラス »

2010年4月17日 (土)

酒蔵開放 武内酒造

★゜・。。・゜゜・。。・゜酒蔵開放 武内酒造☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2010 酒蔵開放 平成22年4月17日(土)・18日(日) 午前10時~午後3時まで(入場無料) のアドを見て、お酒が飲めないひろりんではありますが、行って参りました(*´v゚*)ゞ

歩いて行くことができるし、こういう機会でもなければ、入ることもできませんから。

創業1744年の武内酒造(武内合資会社)でございます。

Photo
Kannbann

美濃の国の地酒、兄花、大垣城、御幸鶴、美濃紅梅といった銘柄がございます。

Photo_10
まずは、見学。 右手の→に麹室があります。

Photo_2

麹室の中

Photo_3

お酒を湯せんして温めた年代物の品々。

Photo_4
麹室の下、こちらでは純米吟醸生酒 しぼりたての試飲ができま~す。
ひろりんも、徒歩でやってきたので、もちろん試飲shine
甘口で口当たりよいお酒でございました。

Photo_5

Photo_6
Photo_8

樽酒もご自由にご試飲くだされ~ 酒飲みにはたまらないかも。
かなり、少なくなってました(^-^;

Photo_9

Photo

そして、特別企画のお品でございます。

     ☆・‥… 吟醸水まんじゅう 金箔入り ☆・‥… 

ひろりんの暮らす大垣を代表する菓子匠つちやとのコラボレーション商品。
酒蔵開放の2日間の限定品notes

Photo_11
金箔が見えますでしょうか。
大垣の夏の銘菓、水まんじゅうに純米吟醸酒を使ったコラボ商品。
吟醸酒の香がほのかに口の中に広がって、とても上品でおいしゅうございました
(◎´∀`)ノ

Photo_13

珍しい地酒蔵の酒かすあめ(清酒 美濃紅梅)ももちろんGETしましたよ。
こちらの商品は、通常でも置いているとのことでございます。

Photo_12
お酒がいける口でないひろりんでも楽しめた、酒蔵開放でした。

|

« 栂池高原スキー場 | トップページ | トルコキキョウ&グラジオラス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひろりんさん
酒蔵の見学 楽しいですね
美酒を堪能出てすね

和菓子美味しそうです。
コメント有り難うございます。

ポチッと応援させて頂きました。

投稿: ryuji_s1 | 2010年4月18日 (日) 07時57分

私も日本酒ダメなんですけど
「ご自由にどうぞ」なんてあったら試飲しちゃいます(笑)
水まんじゅうや酒かすあめもあるんですね!
歴史を感じさせる酒蔵を見学も歴史ある街ならではですね(*゚▽゚)ノ

投稿: さくら | 2010年4月18日 (日) 17時14分

ryuji様
酒蔵の見学、結構楽しいものですね。

さくら様
水まんじゅう、大垣の夏の銘菓なんですけど、一足早く、それも特別企画品、おいしかったです。
定番にしたらいいのに・・・。
参加してみたら、結構楽しいものですね。

投稿: ひろりん | 2010年4月18日 (日) 17時26分

ひろりん様

先日は酒蔵開放 bottle にご来店頂き、ありがとうございました。

とても楽しそうに camera を撮って下さり、
ブログで素敵に紹介して頂き、ありがとうございますclover
ブログを拝見して、酒蔵開放を楽しんで頂けたようで、とても嬉しいですup

吟醸入り水まんじゅうは、ぜひ定番化をsign01という声も頂くのですが、
今のところは年に一度のお楽しみshineとなっています。

お近くにお住まいのようですので、お酒に関して何かございましたら、
お気軽におたずね下さいhappy01

また来年も開放しますので、楽しみにしてて下さいね paper

投稿: 武内酒造 | 2010年4月22日 (木) 12時25分

武内酒造様
ブログを見ていただいて、コメントをいただきm(_ _)m
たまたま広告を見て、近いので、こんな機会でもなければ・・・と。
吟醸入り水まんじゅう、来年も楽しみにしています。
大垣のお土産としてお酒を持っていく場合は、立ち寄らせていただきます。

投稿: ひろりん | 2010年4月24日 (土) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507908/48112033

この記事へのトラックバック一覧です: 酒蔵開放 武内酒造:

« 栂池高原スキー場 | トップページ | トルコキキョウ&グラジオラス »