« CLEVELAND報告その8 | トップページ | CLEVELAND報告その10 »

2008年12月22日 (月)

CLEVELAND報告その9

CLEVELAND 最後の夜のディナーnote
最後の夕食とあって、Innのお姉さんに、restaurantを紹介していただきました。

POMEROY HOUSE
1847年にAlanson Pomeroyという人により、the large mansion homeとして建てられた、由緒ある建物のようです。
インターネットで調べたら、出てきました。
http://www.donspomeroy.com/index2.html

Romeroy_house

内部は、クリスマスの飾り、椅子で見えないけれど、暖炉があり、とっても素敵でしたheart04Photo_7

APPETIZER  CHIPS & DIPS
Apitaizer

(同僚がオーダーしたもの)
MAINEN LOBSTER TAIL with Blueberry basmati rice
Photo_8

(私がオーダーしたもの)GREAT LAKES WALLEYE
メニューにアスパラガスとトマトって載っているのをみて、決めました。
もちろんメインディッシュが白身のお魚ってことも聞いてね。
エリー湖で獲れたfish。どんな魚なのか調べてみたら、結構デッカイのにΣ(゚д゚;)
クラムチャウダーのスープも付けて。
量がメッチャ多い。
グリーンアスパラ、豪快な盛り付けでしょうup
日本だったら、手ごろな長さに切って盛り付けるんでしょうけど。
でも、とっても美味しかったです。
付け添えのお野菜と、お魚の1切れを完食( ^ω^ )
Fish

デザートは、シャーベットを2人でシェアnotes
ボーイズベリーとラズベリーのシャーベット。
少しねっとりした感じ。
キャラメルでも入ってるのかなって、テーブル担当の女性に聞いたんだけど、キャラメルは入ってなさそうで、シャーベットの中にボーイズベリーとラズベリーの果汁がたっぷり入っているとか。
酸味があって、ウマウマ(・∀・)イイ!
Photo_10

残りの2人でシェアすることになったプチエクレア。
出てきたエクレア、プチって感じじゃないよね。
私の携帯と同じくらい、普通の大きさじゃん∑(=゚ω゚=;)
超甘甘だったみたい。
Photo_12

とってもとっても素敵なディナーでした(◎´∀`)ノ
このような飾りつけとおもてなしの素敵なレストランではお会計に、チップdollarをお代の20%ほどするのがマナーだとか。
日頃チップとは縁のない生活をしているから、気をつけなくっちゃね。

|

« CLEVELAND報告その8 | トップページ | CLEVELAND報告その10 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

素敵なお店でメニューも豪華shine
しかし、いつものように豪快でもありますねsign01
ロブスター美味しそうheart04
ひろりんさんがオーダーのお魚も美味しそうですが
最初から一切れで良さそう(笑)
アメリカでは、それじゃあ満足できない大きさって事かしらsign02


投稿: さくら | 2008年12月22日 (月) 22時56分

素敵な建物ですね!!!
異国な感じがモロ出ていて~暖かい!!!
イメージ的にお髭のおじい様が、暖炉の近くで
イスに座ってそうです(笑)

 前回に引き続き~凄い量!!!
これでは、確かに…良い体型になりますよねcoldsweats01やはり、食生活が違いすぎる!

 あっ、ごめんなさい!記事とは、関係ないのですが
私の友人も凄い子がいて夜中に~洋食店で~
ハンバーグを頼み・・・更にハンバーガーを
頼んでいました・・・いまだに私の中で伝説です(笑)

投稿: いんち | 2008年12月23日 (火) 00時32分

さくら様・いんち様
素敵なレストランでお食事できてラッキーでした。
でも量がね。
大きな体型のアメリカ人の中で、私はピーナッツでした。
初めてアメリカに行った時にそう言われてました( ^ω^ )

投稿: ひろりん | 2008年12月23日 (火) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507908/43484733

この記事へのトラックバック一覧です: CLEVELAND報告その9:

« CLEVELAND報告その8 | トップページ | CLEVELAND報告その10 »