« 蘇州○○○○のランチ | トップページ | 上海浦東空港 »

2008年7月 3日 (木)

中国最後の夜

6月13日、中国での最後の夜、上海事務所の方々と会食です。中華三昧もこれで最後。全然嫌にならなかったですよ。次に何が出てくるのかと楽しみだったし、いろいろなものを食することができて、とっても幸せでしたhappy01。日本では、レストランに入ったら、お水やお茶とお絞りが出てくるのが当たり前だけれど、ここ中国ではお箸のみです。お茶にもmoneybagがいるんですよsign03
前菜               くらげ            大根
Photo_9 Photo_10 Photo_11
いかとセロリの炒め物   いんげんとピーナッツ    エビ
Photo_12 Photo_13 Photo_14
かぼちゃ             スープ         ミートボール
Photo_15 Photo_16 Photo_17
豚肉               野菜炒め        骨付き肉
Photo_18 Photo_21 Photo_22
ういろう                     パイ
Photo_23 Photo_26

|

« 蘇州○○○○のランチ | トップページ | 上海浦東空港 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

海外に行くと何にお金がかかるのか分からないですよね。チップが必要なのかどうかもよく分からないし・・・タイに行ったときは旅行地によくある顔を出して写真撮るのありますよね・・・あれに顔を入れたらお金払えと言われました。お茶にもお金がかかるとなると日本って結構サービスいいんですね!

投稿: AIR | 2008年7月 3日 (木) 23時38分

日本のサービスはやはり世界一だと思います。これに慣れてしまうと海外では辛くなりそう。

投稿: | 2008年7月 4日 (金) 22時19分

日本では当たり前のことが世界では違うんですね。日本はやっぱりいい国です。再認識しました。

投稿: Writer | 2008年7月 5日 (土) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507908/41726825

この記事へのトラックバック一覧です: 中国最後の夜:

« 蘇州○○○○のランチ | トップページ | 上海浦東空港 »